多くても少なくてもダメ!プエラリアの適量とは?

バストアップに最適なサプリメントの成分とされているのがプエラリアです。

 

タイから良質なプエラリアが入ってくるようになり、より効果が高まっているとも指摘されています。

 

バストアップするためには、より良い成分を摂取しなければなりませんが、問題となって来るのが量なのです。

 

プエラリアは、少なすぎても多すぎてもいけません。

 

適量摂取が大切なのです。

 

こちらでは1日あたりどのくらいのプエラリアを摂取すればよいのか、といったことをお話します。

 

 

■実際にどの程度のプエラリアが含まれているのか?

 

・あるプエラリアサプリの1日分のプエラリア量・・・100ミリグラム
・あるプエラリアサプリの1日分のプエラリア量・・・700ミリグラム

 

プエラリアサプリによって配合量が全く異なることが分かっています。

 

大量に摂取してしまうと、身体に大きな作用を与えすぎてしまう可能性もあります。

 

過剰に女性ホルモンが増えてしまって、ホルモンバランスを崩してしまうこともあるのです。

 

一方で、摂取量が少なければ、効果が現れないことも有ります。

 

せっかくバストアップサプリを利用しているのに、バストが全く大きくならないわけです。

 

それでは意味がありませんよね。

 

では、プエラリア量はどの程度が適切なのでしょうか。

 

 

■1日あたり200ミリグラムから400ミリグラムがおすすめ!

 

・大豆イソフラボンより多く摂取しても問題なし

 

女性ホルモンと似た作用があるのは、プエラリアだけではありません。

 

大豆イソフラボンにも女性ホルモンと似た作用があるわけです。

 

大豆イソフラボンの1日の推奨摂取量は40ミリグラムから60ミリグラムです。

 

実はそのイソフラボンよりもプエラリアは多めに摂取しても問題なし、と判断されているのです。

 

そもそも大豆イソフラボンの推奨摂取量に関しても少なすぎるといった指摘もあるほどです。

 

双方とも安全性の比較的高い成分でもあるので、多少多めに摂取しても問題ありません。

 

 

・500ミリグラム以上配合されているサプリの利用は気をつけよう

 

安全性の高いサプリとはいえ、500ミリグラム以上のプエラリアが含まれているものの利用は控えるべきです。

 

女性ホルモンに対して大きな作用を与えすぎてしまう可能性があるからです。

 

もしもプエラリアとの相性が悪いのに、500ミリグラムや700ミリグラムを摂取してしまうと、体調を崩してしまうことも有ります。

 

最たるものが、生理不順です。

 

不正出血や生理の遅れといった症状が出たら、過剰摂取を疑いましょう。



今人気の注目プエラリア口コミレビュー↓↓