ツボを刺激してバストアップしよう!

体にはたくさんのツボがあり、中にはバストアップの効果を発揮するものもあります。

 

場所によっては押しにくいものもあり、ここでは押しやすいものからピックアップしています。

 

 

<女性ホルモン促進系ツボ>

 

女性ホルモンの分泌を促すとバストアップがしやすいのはご存じですよね。

 

そこで、女性ホルモンの分泌を促すツボからご紹介しましょう。

 

壇中(だんちゅう)は、乳頭を結んだラインの真ん中にあり、押すと少し痛く感じる場所です。

 

神封(しんぷう)は、壇中から左右に指2本分外側にズレたところにあるツボです。

 

押してみると肋骨の骨の窪みが見つかりますので、ここを中指で押します。女性ホルモンのバランスを崩してしまうストレスを解消するのにも役立つツボなので便利ですよ。

 

膺窓(ようそう)は、乳頭と鎖骨の中間点にあります。押してみると肋骨の隙間(第3と第4肋骨の間)になりますので、ここを中指で軽く押して下さい。

 

女性ホルモンへの効果の他に、乳房の血行を促したり、乳腺の循環を良くする効果を持ってるツボです。

 

輒筋(ちょうきん)は脇の下に手を当てて中指が当たるところにあるツボです。

 

指3本を当てて前の方向に向け回転させるように揉むツボです。

 

リンパの流れを良くしながら女性ホルモンアップを狙えます。

 

 

<キレイなバストを目指せるツボ>

 

渕腋(えんえき)は、乳頭のラインから外側に行った腋にあります。血行促進もしてくれるのでバストアップもしながら、バストの張りを出します。

 

天渓(てんけい)は乳頭のライン上を外側に行くと肋骨の隙間に指が入るところにあります。右なら左の手の平でバストを持ち上げながら中指で押すことが出来ます。乳腺が刺激されるのでバストの張りを出すのに効果的です。

 

中府(ちゅうふ)は鎖骨の下を外側に向けてなぞっていくと肩の骨の前でぶつかる窪みです。

 

3本指で円を描くように揉むと気持ちいいのが分かります。大胸筋もリンパの流れが滞るのは良くありませんので、ここを解すことでバストを支える効果が高くなります。

 

女性ホルモンへの効果を示すツボと、バストの張りを出すツボをご紹介しました。

 

最後の共通項ですが、ツボは痛いのを我慢しなくてはいけないほど強い力で押さないで下さい。

 

軽い刺激でも充分に効果が発揮されますので、ご自分で気持ちいい力加減を見つけましょう。

 

そして3秒押して3秒休む、これを3回繰り返すのをワンセットと考えて下さい。押しすぎで健康を損ねる事はありませんがストレスにならない範囲に留めます。

 

プラスの効果が欲しいなら、プエラリアの様なバストアップサプリも併用するのがお勧めですよ。



今人気の注目プエラリア口コミレビュー↓↓