大豆が苦手な人にはプエラリアがおすすめ!

食べ物の中には美容効果が非常に高いもの、健康効果が非常に高いものもあります。

 

その食品が苦手でなければいいのですが、苦手なケースも少なくありませんよね。

 

こちらでは、大豆について考えてみます。

 

実際に健康成分や美容成分を含んでいることでも知られている大豆ですが、苦手で食べられない方はどうすればいいのでしょうか。

 

 

■プエラリアが代用になる!

 

・大豆の有効成分イソフラボンについて

 

大豆の美容成分と言っても良いのが、「大豆イソフラボン」です。

 

女性ホルモンに似た作用があり、高い美容効果を発揮してくれることでも知られています。

 

しかも、美容効果だけではなく更年期障害を緩和させるなどの健康効果まで期待されているのです。

 

【大豆が含まれる食品例】
・納豆
・豆腐
・豆乳
・味噌
・枝豆
・きなこ
・湯葉など

 

大豆食品の大きな特徴は、独特な風味があることです。

 

特に発酵食品が多いことも、嫌いな方が多い理由になります。

 

美容効果や健康効果があると分かっていても、なかなか能動的に食べられない方も少なくありません。

 

しかし、イソフラボンが摂取できればいいわけです。

 

何も「大豆」にこだわる必要はありません。

 

・プエラリアにもイソフラボンが含まれている

 

お馴染みのイソフラボンですが、プエラリアといったものにも多く含まれています。

 

しかも、含有量は大豆よりも多いのです。

 

ですから、仮に大豆が好きであったとしても、プエラリアから摂取したほうが、効率的となるわけです。

 

中には大豆の40倍もイソフラボンを含んだものまで出てきています。

 

高い美容効果を得たいのであれば、プエラリアを利用したほうが良いのです。

 

 

■プエラリアは食品で摂るのは難しい

 

大豆であれば、食品から摂取できます。

 

しかし、プエラリアは食品からの摂取はほぼできません。

 

ほとんど国内に入ってきていないのです。

 

タイ北部やミャンマーの山岳部に自生するマメ科の植物となっています。

 

食べ物としての摂取は難しいですが安心してください。

 

サプリメントとして摂取できます。

 

サプリメントであれば、多数の種類の中で最も良いと思えるものを選べます。

 

含有量などにも差があるので、そのうちどれを選んだらいいのかを自分で考えて選ぶことも出来ます。

 

さらにサプリメントのメリットとして注目して欲しいのが、ほとんどカロリーを気にしなくても良いことです。

 

カロリーについては、特に女性にとっては気になるテーマです。

 

食べ物から摂取する場合には気にしなければなりませんが、サプリメントであればあってないようなものなので安心です。



今人気の注目プエラリア口コミレビュー↓↓